グローバリゼーション by MLOS


Company Information

picture

会社情報

MLOSのコンセプト
MLOS Key Concepts
MLOSの目指す新たなる時代へのグローバリゼーションコンセプトを紹介します

CEOからのメッセージ
Message from CEO
Crazy Executive Officerこと石倉良和からのメッセージです

経営理念
Corporate Philosophy
「世界一尊敬される会社」という経営理念に真剣に取り組んでいます

会社概要
Corporate Profile
MLOSの会社概要をお伝えします

ニュースリリース
News Release
MLOSの最新の動向をお伝えします

アライアンスパートナー
Alliance Partners
アライアンスパートナーを募集しています

ISMS基本方針
ISMS Policy
情報資産を保護することに社会的責任を負い、お客様との信頼構築に努めています

TOP PAGE » 会社情報 » ISMS基本方針

株式会社マルチリンガルアウトソーシング(以下、「当社」という。)はお客様からの委託により受領した、高い機密性を求められるデータを含めた全ての情報資産を保護することに、社会的責任を負い、お客様の信頼を確保し当社の事業活動の維持・発展を図るための重要な経営課題と認識している。
事業活動の基盤となる情報資産を情報漏えい、改ざん、不正アクセス、システム障害等の脅威から保護し、日々変化するリスク、法令、規制に対応することを目的として、情報セキュリティマネジメントシステムを確立し、導入、運用、監視、見直し、維持及び改善を行う。
役員を含むすべての従業者は、この目的を理解し、当社のISMS基本方針ならびに確立した情報セキュリティマネジメントシステムの規定や手順を遵守し、業務を遂行する上で情報セキュリティを常に重視する。

情報セキュリティの目的と活動
資産の機密性・完全性及び可用性を確保・維持、保護することによって、信頼性の高い製品、サービスを提供することを目的に、情報セキュリティ対策と活動を行う。

適用範囲
当社の管理下にあるすべての情報資産を適用範囲とする。
なお、情報資産とは、当社の管理下にあるコンピュータ、ネットワーク設備・施設、ソフトウェア、データ、保存媒体、ドキュメント、契約書類及び知的財産を示す。

情報セキュリティ体制の構築と取り組み
ISMSの体制を整えると共に、資産全般の取扱いについて具体的な規定を定め、全社的取り組みを展開する。

リスク評価と適切な管理策の実施
情報セキュリティ活動の目的を果たすために、リスク評価基準を確立するとともに、資産に対するリスク評価を実施し、合理的で最適な管理策を選択し、資産を保護する。また、リスク評価の結果及びリスク評価の評価基準を定期的に見直し、管理策を継続的に向上させる。

教育・訓練の実施及び従業員等の責任と義務
従業員等に対して、情報セキュリティへの意識向上と社内規程の周知徹底を図るため、積極的に教育・訓練を実施する。
また、従業員等は、ISMS基本方針を順守し、ISMSに関わる諸規程に従い業務を遂行する。なお、これらの定めに違反した場合には、社内規程又は契約による罰則を適用する。

事業継続管理
事業継続を確保するために、災害など緊急事態を想定した事業継続計画を策定・維持し、定期的に点検を実施する。

法令・規範の順守
情報セキュリティに関連する法令やその他規範に準拠適合する基本方針及び社内規程を定め、ならびに契約上のセキュリティ業務を考慮してこれらを順守する。また、経営内容の変更、社会環境変化、技術的変化、法令等の変更などに伴い、ISMS基本方針及び社内規程などの定期的な見直しを行う。

情報セキュリティインシデントへの対応
万一情報セキュリティに関する事件・事故が発生、又は発生の疑いが生じた場合、被害を最小限に食い止める対策を緊急に講じると共に、再発防止に努める。

2011年3月31日
株式会社マルチリンガルアウトソーシング
代表取締役&CEO(Crazy Executive Officer)
石倉 良和