グローバリゼーション by MLOS


Company Information

picture

会社情報

MLOSのコンセプト
MLOS Key Concepts
MLOSの目指す新たなる時代へのグローバリゼーションコンセプトを紹介します

CEOからのメッセージ
Message from CEO
Crazy Executive Officerこと石倉良和からのメッセージです

経営理念
Corporate Philosophy
「世界一尊敬される会社」という経営理念に真剣に取り組んでいます

会社概要
Corporate Profile
MLOSの会社概要をお伝えします

ニュースリリース
News Release
MLOSの最新の動向をお伝えします

アライアンスパートナー
Alliance Partners
アライアンスパートナーを募集しています

ISMS基本方針
ISMS Policy
情報資産を保護することに社会的責任を負い、お客様との信頼構築に努めています

TOP PAGE » 会社情報



The World Is Connected


MLOS(エムロス)は2004年の創業以来、Globalization in the 21st centuryというビジョンを掲げ、トーマス・フリードマンの著書「フラット化する世界(The World Is Flat: A Brief History of the Twenty-first Century)」にあるように、オフショアリングを通して、国境に代表される地理的、言語的制約を越えて協業をすることにより、グローバリゼーションを実践してきました。
創業当時、グローバリゼーションという世界的な潮流に取り残されつつあった日本の外を見渡してみると「フラット化する」というよりも、そこには「既にフラット化した世界」が広がっていました。

近年、国内マーケットの閉塞感からも、海外のマーケットを見据える日本企業が増加し、グローバリゼーションへの機運が高まってきています。
MLOSは日本初のオフショアリング(BPO、グローバルソーシング)に特化したグローバルサービスプロバイダ (オフショアリングにおける専門商社的な役割)として否応なしにグローバリゼーションのうねりの中に飛び込んできましたが、日本の企業の皆様にオフショアリングサービスを提供し、グローバリゼーションの恩恵を実感していただくだけでなく、新たなるステージへと共に進んでいきたいと考えています。

インターネットによりフラット化した世界では、国境を越えてグローバルなサプライチェーンが成立するようになっただけではなく、ソーシャルメディアの普及により世界中の個人が共感しあえる時代に突入しました。

The world is flat から The world is connected へと。

 

Social Media Shift


バリューチェーンの各プロセスがグローバル化するのと並行して、Appleのように世界市場を統合してとらえる企業、SAMSUNGのようにローカルに適合する戦略をとる企業が、各国のマーケットにて存在感を強めています。

そこに、ソーシャルメディアの出現及び、爆発的な普及が加わり、地理的な条件にとらわれずにお互いが交流できるようになりました。
アラブの春に象徴されるように、交流という域を越え、時として政権を揺るがすまでにソーシャルメディアの影響力は強まってきています。

グローバリゼーションの一環として、Social Media Shiftが起こり、グローバルマーケットの勝敗がより色濃く現れるようになりました。もはやバリューチェーンとして、新興国のリソースを最適化するだけでなく、新興国でいかに存在価値を高めていくかが企業の生命線となってきているのです。

グローバルマーケットの攻略には新たな戦略が求められています。


Global Brain Stream


欧米だけでなく、マイクロブログ、独立系SNS隆盛の中国、アジア、南米、アフリカの新興国における消費者のライフスタイル、思考は大きな変化を遂げ、世界中で暗黙知が引き出され共有されるようになりました。瞬く間にグローバルな規模での知の共有によるストリームが出来上がっているのです。

MLOSはグローバルサービスプロバイダとしてデータのサプライチェーン化に寄与してきましたが、新たにBrain、つまり知を集積、解析し、日本企業がグローバルプレイヤーとして存在感を増していけるよう、グローバリゼーションを手助けするグローバライザー(Globalizer)という新たなポジションの確立へと歩を進めていきます。


MLOSが目指すビジョンはこれからもGlobalization in the 21st centuryです。
21世紀型のグローバリゼーションというビジョンを実現するために新たなミッションを設定しました。


ビジョン



ミッション




MLOSはソーシャルメディアに象徴される知(Brain)のストリームを集積、解析し、グローバルマーケットで強い存在感を発揮しうるプレイヤー(企業)を増加させるために、グローバライザーとして日本企業のグローバリゼーションの実現に寄与していきます。

新たなミッションに取り組み、ビジョンの実現に一歩一歩邁進していきます。

 

 

 

MLOSはGlobalization in the 21st centuryという確固としたビジョンを掲げながらも、時代、環境の変化に適応しつつコンセプトは変遷してきました。
過去のMLOSのコンセプトは下記をクリックしてください。

MLOSのコンセプト(2008年)

MLOSのコンセプト(2004年)

 

【注釈】

トーマス・フリードマン Thomas L. Friedman 1953年7月20日生まれ。
アメリカのジャーナリスト、コラムニスト。ピューリッツァー賞を3度受賞しており、世界的にも広く知られている。
主な著書
『レクサスとオリーブの木――グローバリゼーションの正体(上・下)』(草思社, 2000年)
『フラット化する世界――経済の大転換と人間の未来(上・下)』(日本経済新聞社, 2006年/増補改訂版, 2008年)
『グリーン革命――温暖化、フラット化、人口過密化する世界(上・下)』(日本経済新聞出版社, 2009年)

フラット化する世界 原題:The World Is Flat: A Brief History of the Twenty-first Century)はトーマス・フリードマンの著した21世紀初頭のグローバル化の動向を分析する本。2005年4月に初版、2006年に増補版 (Updated and expanded)が発売された。ニューヨークタイムズ・ベストセラーになった。
インターネットなどの通信の発達や中国・インドの経済成長により世界の経済は一体化し同等な条件での競争を行う時代にいたると述べる。
フラット化とは、世界経済が、垂直的な管理・命令の関係から、国境や会社の枠を超えた水平な共同作業の場に変化した状態。

オフショアリング Offshoring
オフショアリングとは、コスト削減などを目的に、企業が自社の業務の一部分や全部を海外に委託・移管することをいう。

従来、企業は工場の海外移転など製造・生産領域等、比較的単純作業における領域でオフショアリングを行ってきたが、近年は、研究開発や設計といった専門的な業務やナレッジの活用が必要なコールセンター業務やバックオフィス業務等に委託範囲が拡大してきている。
日本企業におけるオフショアリングは、コスト削減の目的もあるが、少子高齢化による労働人口の減少のため、労働力の確保を目的として実施されているケースもある。

BPO Business Process Outsourcing(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)の略語。企業が、一部の業務プロセスを社外の専門業者に一括して委託することを指す。業務代行という点でアウトソーシングの一種だが、対象とする業務範囲がより広い点が特徴。
BPO の対象として代表的なのは、総務や人事、経理、給与計算といった業務や、顧客との折衝窓口となるコールセンター業務など。
BPO の活用によって企業は、人件費などの固定費を抑えることが可能となり、専門特化した外部のノウハウを最大限に生かせるというメリットも享受できる。自社の コアコンピタンス(競争力の源泉となる固有の強み)に社内リソースを投下し、それ以外の間接業務にBPOを活用するなど、「選択と集中」によるメリハリある経営戦略の実践を可能とする。

グローバルソーシング global sourcing
情報システムの構築や運用業務の一部または全体を海外を含めた他企業に委託すること。必要な外部リソースを国を問わず、最適なところから調達して、業務を効率化する。

システム開発業務を委託するオフショア開発から、サーバーやネットワーク機器の監視、アプリケーションの保守を海外拠点からネットワーク経由で実施するなど、情報システムの構築・運用だけでなく、経理や人事、総務の事務作業も外部企業に委託するBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)も含まれる。

バリューチェーン Value Chain(価値連鎖)
製品やサービスを顧客に提供するという企業活動を、調達/開発/製造/販売/サービスといったそれぞれの業務が、一連の流れの中で順次、価値とコストを付加・蓄積していくものととらえ、この連鎖的活動によって顧客に向けた最終的な“価値”が生み出されるとする考え方。

Social Media Shift 300万回以上再生された動画Social Media Revolutionに象徴されるような、ソーシャルメディアを触媒とした新たなパラダイムシフト。